日本語の豊富なバリエーションを使いこなそう

日本語は表現力が豊かです。同じような意味でも、ちょっとした様子や状況の違いで様々な言い方があります。 その豊富なバリエーションを使いこなすと、表現の幅がぐっと広がります。何かを書く時・話す時、いつも同じ言葉ではなく、ぴったりくる表現を探してみませんか? 「笑う」という言葉のバリエーション 「笑う」という言葉は、日常でよく使う言葉だと思います。この言葉のバリエーション、普段どのくら

続きを読む

ポジティブ表現を身につけて「感じの良い人」になろう

ポジティブとネガティブ、この言葉の意味は説明するまでもないでしょう。では、ポジティブ表現とネガティブ表現の違いと言ったら、どうでしょうか? 同じ事を話してしているのに、受ける印象が全く異なる表現のテクニック。身に着けておくと、仕事でもプライベートでもきっと役に立ちますよ。 ポジティブ表現とネガティブ表現の違いは? ①30個入りのお菓子を3個だけ買いたい時。お店の人に「ばら売りはあ

続きを読む

「させて頂く」という表現で、失礼な人と認定されないために

「させて頂く」という表現。目上の方や仕事の取引先などに、誰でも良く使っている表現です。 丁寧な表現である事は間違いないのですが、使い方には注意が必要。まちがった使い方をすると、かえって失礼にあたる場合もあるのです。 「させて頂く」が誤用されやすい訳 「させて頂く」という表現を多用すべきでない・誤用が多いという話は、ネットで検索するととてもたくさん出てきます。 ご存知の方が多

続きを読む

「お間違いございませんか」はちょっと失礼?

こちらが指定したものや伝えた事に対し「お間違いございませんか?」と確認された事はありませんか?この表現、厳密にいうとちょっと失礼なんです。 気にする人には気になる表現。誤って使ってしまわないように、なぜ失礼なのかをお話致します。 なぜ「お間違いございませんか」が失礼なのか Aが言った事、指定した物などを確認するためにBが言う「お間違いございませんか」という言葉。あまり気にせず使っ

続きを読む

日本語を勉強するときに難しいポイント

日本語は勉強するときに多くの障害があると言われる言語の1つです。 これは英語を母語としている人々が各外国語の習得に関してどのくらいの時間を要するかということを調べた実験を基にしていますが、日本語の難しさのランクはアラビア語と同じく最難関に数えられるようです。 では具体的にどこが難しいのか、外国人がつまずいてしまうことなのかということを書こうと思います。 日本語には直訳できない

続きを読む

日本語がわかるとできること

突然なのですが、言語がわかると一体なにができるのでしょうか。 「言語はできた方がいい」とは良く聞くものの、では具体的にどういうことができるのか、特に日本語ができると他の外国語がわかることと違い何を楽しめるのか、という視点で今回書いていこうと思います。 いま外国人にとっても人気な日本文化とは一体なんなんでしょうか。 日本の古都・京都 日本の古都京都を楽しめるというのも利点

続きを読む

日本語の勉強方法

日本語を勉強するいい方法とは一体どのようなものなのでしょうか。お金がさほどかからない、やる気次第、すぐ行動に移せるというポイントからいろいろ勉強方法を検討してみましょう。なおここの中にはインターネットで勉強できる環境であることが前提になっている場合があります。 ここで重要視したいことはどうやって勉強するかということです。 文法…どうやって? 文法や単語、漢字など最初に障害とし

続きを読む

日本語を外国人がペラペラに話すコツ

本当にうまく日本語を話すために、日本語が上手い外国人が普段から心がけていることを書いていこうと思います。 なお、念のための注意喚起ですが語学を習得するには人によって異なるものの大なり小なり苦痛が伴います。それを乗り越えられるくらいの忍耐力と集中力があることを前提にしています。 日本語の歌を聴く 基本的に日本語も英語などの外国語の同じ語学なので、特別これが必要です、というものは

続きを読む

あなたは正しく知っていますか?「端々(はしばし)」と「節々(ふしぶし)」の違い

よく「言葉の節々」と「言葉の端々」という言葉をどちらも耳にしますが、この言葉の明確な違いをご存知でしょうか?また、どういった時に使うのがふさわしいのでしょうか? 間違った使い方をしていると意外と恥ずかしいものですよ。 言葉の「端々」と「節々」の意味 まず、「端々」の意味です。端々は「① あちこちの部分。ちょっとしたところ。② 中央から離れた,あちこちの所」という意味です。次に

続きを読む

「とんでもございません」は使えません!

「とんでもございません。」と丁寧に敬語を使って、謙遜されている姿を会社やお店などで聞くことがあります。しかし実はこの「とんでもございません」は文法的には間違った使い方です。 今回はこの「とんでもない」の正しい敬語の使い方をご紹介します。 なぜ間違えてしまうのか まずはなぜ「とんでもございません」と間違ってしまうのかをご紹介します。 「問題ありません」を「問題ございません

続きを読む