「全然大丈夫です。」これって正しいの?

「全然大丈夫だよ!」や「全然眠れなかった」など、「全然」という言葉は私たちの日常生活に当たり前のように溢れています。しかし、この「全然」という言葉は、その使い方についてしばしば議論を巻き起こしてもいるのです。

「全然大丈夫だよ」「全然平気」などと言って、その使い方は間違っていると指摘されたことがある人も多いのではないでしょうか?

今回は、「全然」という言葉の使い方についてご紹介します。

「全然」+否定形

現在の日本で、「全然」の正しい使い方とされているのがこの「全然」+否定形です。「全然」のあとには、必ず「~ない」という否定形が来なければならないと言われています。

たとえば「全然かまわない」や「全然食べられなかった」や「全然困っていない」などです。現在では、小学校でもこのように習いますし、多くの人がこれが正しいと認識しています。

「全然」+肯定系

しかし、「全然」というその程度の強さを示す意味から、思わず肯定系と組み合わせて使ってしまうことがある人が数多くいます。中でもよくあるのが、「全然大丈夫」という言い方です。これは本来、「全然かまわないよ」というニュアンスで相手を気遣ったり、相手を安心させたいときに使う言葉です。

そのニュアンスを強調したくて、つい「全然大丈夫」という風に肯定系と一緒に使ってしまうケースが多いようです。また、「全然嬉しい!」など、こちらも程度の強さを表すために、「とても」などの代わりに思わず使ってしまうということが多くあるようです。

実はどちらも正解?

このように、「全然」+肯定系は間違いで、「全然」+否定形が正解なのだ、という認識の人が多いと思います。ですが、実はそうでもなかったようです。一説によると、国語研究者の間ではこの「全然」+否定形が正しいというのは迷信であると言われているようです。

夏目漱石などの明治の文豪も、「全然」+肯定系という使い方をしていたと言われています。「全然」という言葉の後には否定形を使う、という意識が急速に広まったのは、昭和20年代後半と言われています。その原因についてはまだわかっていないようです。ですので、本当はどちらが間違っているとは言えないようです。

言葉は時代によって変化しますので、どんな言葉も広まってしまえばそれが正しい形なのかもしれません。ですが、言葉の一番大切な役割は「相手に正しく情報を伝えること」ですので、それができるのが一番と言えるでしょう。「全然」という言葉も、自分が最も相手によく伝わると思う方法で使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ