日本語を勉強するときに難しいポイント

日本語は勉強するときに多くの障害があると言われる言語の1つです。

これは英語を母語としている人々が各外国語の習得に関してどのくらいの時間を要するかということを調べた実験を基にしていますが、日本語の難しさのランクはアラビア語と同じく最難関に数えられるようです。

では具体的にどこが難しいのか、外国人がつまずいてしまうことなのかということを書こうと思います。

スポンサードリンク

日本語には直訳できない表現が多すぎる

まず日本語は独特な言語です。もちろんすべての言語は独特なのですが、日本語の特筆すべき部分はそこではなく、言語の根幹を担う日本文化があまり他の国の文化と混ざり合わなかったという事実があります。

これは他の国と比べた考えですが、中国のように他の国と国境を交わしていたということはなく、かといってイギリスのように海峡を挟んだ国と数え切れないほど戦いをしたということもありません。

ゆえに日本語には他の言語では翻訳できない表現、たとえば「よろしくおねがいします」や「恐れ入ります」や「お疲れ様です」などの表現が存在しません。これらの言語の意義を理解するには少し苦労するでしょう。

語尾のニュアンスが難しすぎる

日本語では語尾を非常にあいまいにしておくことができます。しかも各表現で意味も大きく異なるので非常に理解が難しいようです。

「あなたはご飯を食べました」という例文1つ取ってみたとしても、「あなたはご飯を食べましたか?」など最後の1単語で大きく意味が変わる(平常文か疑問文か等)ことも日常茶飯事です。

文字にして見ればわかるように、それらの変化は文末に起こりますので、会話をしているとき人々は語尾に集中せねばならず、それに飽きてします人や難しさに投げ出してしまうような人はいるかもしれません。

数え方が変わりすぎる

日本語の中には単位と呼ばれる一連の単語があり、いちいち_ものに対してその単位をつけます。その難点はころころと単位が変わることです。

例えば、うどんは一玉、カーペットは1枚、傘は1本、パソコンは1台など。これは習慣として無意識に覚えている日本人はともかくとして普段そんなことを意識していない外国人からすると苦痛ですよね。なぜなら日本人にとっても説明ができないからです。

もう1つ苦痛に感じる理由としては、終わりが見えないことです。どれくらいのものの単位を覚えれば適正なのかという点がはっきりしていませんので、難易度が高いことが予測されます。

いかがでしたでしょうか。この他にも多くの難しいと思われることが日本語にはあります。あまり神経質にならず、楽しく勉強できるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ