「お間違いございませんか」はちょっと失礼?

こちらが指定したものや伝えた事に対し「お間違いございませんか?」と確認された事はありませんか?この表現、厳密にいうとちょっと失礼なんです。

気にする人には気になる表現。誤って使ってしまわないように、なぜ失礼なのかをお話致します。

なぜ「お間違いございませんか」が失礼なのか

Aが言った事、指定した物などを確認するためにBが言う「お間違いございませんか」という言葉。あまり気にせず使っているし、言われても気にならないという方もいるかもしれません。

ではどう間違っているのでしょうか。

まずは「お間違い」という言い方。これは「お」と丁寧に表現していますから相手の間違いを指しています。更に「ございませんか」と丁寧な聞き方をしている事で、「お間違いございませんか」は完全にBがAに対し「あなたの言った事(指定した物)はこれだけど、間違いないですか?」という意味になるのです。

本来BはAの言った事や指定した物をB自身が間違えて認識していないか確認するために「お間違いございませんか」と言っている筈です。この確認の為には、この表現は不適切なのです。

「お間違いございませんか」はどう言い換えるべきか

決して相手の間違いを指摘したいわけではなく、自分が正しく相手の言う事・指定した物を認識できたか確認したい場合、言い方としては「よろしいでしょうか?」が適切です。

ずいぶんあっさりとしてしまったな、と感じる方もいるかもしれませんが、「お間違いございませんでしょうか」とは違って、自分が認識したものを示して「これで良いですか?」と聞いている表現です。あるいは「間違いございませんか」でも良いでしょう。「お」が無いので、間違っていないかどうか確認をしたいのは自分の示している事・物という事になります。

この言い方は何かと使う表現なので、自分の言い方を決めておけば間違った話し方をしないで済みます。日ごろから自分の言い方を決めておくと良いでしょう。

正しい言葉遣いをするコツ

日本語の尊敬語・丁寧語・謙譲語は使い分けが難しく、二重敬語になってしまうケースもよくある事です。難しいのでついつい「丁寧にしておけば安心」という気持ちが生まれ、そこから「お間違いございませんか」というような<丁寧なようで失礼にあたる言葉・表現>が生まれてしまうのでしょう。

極端な例ですが、「お客様の仰られたご希望のお品物はこちらのお品物でお間違いございませんでしたでしょうか」と言われたら、長い!と感じませんか?

失礼になりたくないと思う結果でしょうが、ここはシンプルに「ご希望のお品物はこちらでよろしいですか?」で十分。過剰に丁寧にしてしまう癖のある方、相手は「却って失礼」と感じているかもしれません。

丁寧な言葉遣いでシンプルに、を心がけるとすっきりした言葉遣いになりますよ。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ