日本語を外国人がペラペラに話すコツ

本当にうまく日本語を話すために、日本語が上手い外国人が普段から心がけていることを書いていこうと思います。

なお、念のための注意喚起ですが語学を習得するには人によって異なるものの大なり小なり苦痛が伴います。それを乗り越えられるくらいの忍耐力と集中力があることを前提にしています。

スポンサードリンク

日本語の歌を聴く

基本的に日本語も英語などの外国語の同じ語学なので、特別これが必要です、というものは存在しません。よって日本語に近道はありません。しかし日本に親近感を覚えている方なら、日本語の歌を聴くことも勉強になるでしょう。

歌を自然に口ずさむことによって日本語の単語や文法などを覚えることもできますし、日本人との会話で盛り上がること間違い無しです。また歌というものはそのまま時代の流行を示すものでもありますので、最新の流行の日本語も抑えることができるでしょう。

キチンと日本語の文法を理解する

日本語の歌を聴いてある程度の背景知識を取得したり、文化に触れ親しむということはできます。しかしそれよりもっとディープに文化を知ろうと思ったなら、やはり日本語を日本語として勉強する必要があるでしょう。

文法とは一種の骨組みのようなものでありこれが習得できていることで、例えば「今日東京駅に行った」という文も「今日渋谷駅に行った」、「今日新横浜駅に行った」などと変換することができます。これは集中的に文法を学んだ人のみができることですので、やはり文法は中級の日本語を習得したい人にとっては必要なものと言えます。

ナマの日本語を自分のものにする

例えば何個か単語を覚えただけで、自信を持って「日本語がしゃべれます」と言ってしまうようなことです。日本人の_場合だと自分に自信がない人が非常に多いので、日常会話レベルでは「全然できない」と謙遜してしまうこと、よくありますよね。

しかしこれは外国語の学習においては百害あって一利なしです。自信を持って日本人と堂々と話す、ということができれば友達も自然に増えていきますし日本文化への関心も増していくでしょう。日本語の歌を聴くとも相互に効果が見込めます、日本人と話すときに聴いた歌のことを話題にしてもいいのですし、会話が弾むこと間違えなしです。

いかがでしたでしょうか。もちろん日本語を上達させる方法はこの3つだけではありません。お金がかかりますが、家庭教師をお願いするとか語学学校に通うとか、あるいは留学するとかいろんな道があると思います。ただ、今回意識したポイントは「やる気を持続させやすいような方法」でもありますので、ぜひ1度お試しになってはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ