日本語がわかるとできること

突然なのですが、言語がわかると一体なにができるのでしょうか。

「言語はできた方がいい」とは良く聞くものの、では具体的にどういうことができるのか、特に日本語ができると他の外国語がわかることと違い何を楽しめるのか、という視点で今回書いていこうと思います。

いま外国人にとっても人気な日本文化とは一体なんなんでしょうか。

スポンサードリンク

日本の古都・京都

日本の古都京都を楽しめるというのも利点の1つかもしれません。京都は実に約1300年にも及ぶ歴史があり、その文化の独特さはアジアの中でも特別なものでしょう。

アジアの仏教とは少し異なる日本の仏教の世界に浸り四季の風情溢れる町並みを歩いたり、バスでぐるりと回るのもいいかもしれません。日本語が自在に使えたらこのような街をもっと楽しめるのでは?

ちなみに京都の周りには、より仏教色が濃い奈良や少しヨーロッパの雰囲気に近い神戸、京都とは全く異なる文化を持つ大阪もあります。京都はそのちょうど中心に位置しており、これらの都市のどこへでも苦労せずに行くことができます

日本の首都・東京

2つ目は日本の首都の東京です。人口は1000万人を超え、まだまだ日本人が圧倒的多数なものの外国人が増えている街も多くなってきています。ここでなにが楽しめるのか。それに答えることは非常に難しいです。できることが多すぎるのです。

例えば日本のアニメを気に入っている外国人の方には「秋葉原」をオススメしますし、日本の文化や自然を楽しみたいなら「明治神宮」や「上野」がおすすめです。キレイな夜景を楽しみたいなら「東京タワー」や「スカイツリー」があるでしょう。

外国人が増えていることは確かなのですが、やはり東京といえども不都合がいろいろあると予想されます。しかしそんな時、日本語を理解していたら旅や生活がスムーズに行くことに間違いはないでしょう。

日本人の中にも英語を話す人は一定数いますが、外国人も日本語が少しでも理解できればきっと楽しい日々になるのでは、と思います。

沖縄

最後の街は沖縄です。沖縄は日本の中でも独自の文化・気候を有しており、旅先としての人気は日本人にとってもとても高いと言えます。

ここには今もなお米軍基地が置かれており、その意味でも他の日本の地区とは違います。気候は1年を通して温暖で、果物等もおいしいです。その気候のためか沖縄に住んでいる日本人はみなおおらかです。時間に細かい、サービスについて厳しいなどといった印象がついているかもしれませんが、それらの印象とは異なり本当におおらかなようです。訪れてみると何かが変わるかも知れませんよ。

日本の訪れるべき場所はここだけでは書ききれません。例えば春には桜を、夏には花火、秋には紅葉、冬には雪と日本は本当に多彩な顔を持っており、知り尽くすのには長い時間がかかるでしょう。日本語を少しでも学ぶ事で文化のことももっともっと多くのことを学べると思いますし、友だちになってくれる日本人も増えてますます楽しいのではないでしょうか。

日本語がわかるとできることたくさんなので、ぜひチャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ