知らないと損する!間違いやすい謙譲語の正しい使い方

「自分の動作に「お」をつけるのはおかしい」と言われたことがあります。本当にそうでしょうか?

皆さんはそう思いますか?例えば「お客様にご説明します」という言い方は間違いでしょうか?今回は間違いやすい謙譲語の使い方を学んでいきます。

スポンサードリンク

敬語の種類

間違いやすい謙譲語の前に現在の敬語の種類からご説明します。皆様は現在敬語の種類が細分化され種類が増えたのをご存知でしょうか?

昔は「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」の3種類で習ったのではないかと思います。現在は5種類です。

まず謙譲語が2種類に分かれました。「伺う」や「申し上げる」は普通の謙譲語と呼びますが、「参る」や「申す」などの言葉を「丁重語」と呼びます。丁寧語も2種類に分かれ「お電話」、「お酒」、「お料理」など名詞に「お」や「ご」を付ける言葉を「美化語」と呼びます。

現在は敬語の形が増えてより複雑になっています。その中でも今回は改めて尊敬語と謙譲語の使い方について勉強しましょう。

正しい尊敬語の使い方

まず尊敬語の使い方からです。尊敬語は話相手や話題の中に出てくる人物の動作・状態を高めて使用します。「お~なる」として使います。

例えば「お話になる」、「お作りになる」などのように使用します。また決まった言い方として「おっしゃる」、「ご覧になる」、「召しあがる」などの言葉があります。

尊敬語の場合は、自分に対する動作には使用できません。また話し手の中に、自分よりも目上の人が出てきた場合も、尊敬語で高めることができます。「部長は社長がお話になるとおっしゃっていました。」というように使うことができます。

正しい謙譲語の使い方

続いて正しい謙譲語の使い方です。謙譲語は自分の動作を低めることによって相手に敬意を表す表現です。

基本的な使い方は「お~する」として使います。「ご連絡する」、「お伝えする」、「お迎えする」など使います。つまり冒頭の質問「自分の動作に「お」をつけるのはおかしい」という指摘は間違っていることが分かります。謙譲語の使い方としては正しいです。

また謙譲語の決まった言い方としては「差し上げる」、「申し上げる」、「伺う」、「頂く」などがあります。また「参る」、「申す」、「存じる」などの「丁重語」は話し手が聞き手に対して直接敬意を表しています。「丁重語」は限定されていますので、すぐに覚えることができます。

尊敬語と謙譲語は似ていますので、間違いやすいですが、正しく使用して正しく敬意を表しましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ