日本語の勉強方法

日本語を勉強するいい方法とは一体どのようなものなのでしょうか。お金がさほどかからない、やる気次第、すぐ行動に移せるというポイントからいろいろ勉強方法を検討してみましょう。なおここの中にはインターネットで勉強できる環境であることが前提になっている場合があります。

ここで重要視したいことはどうやって勉強するかということです。

スポンサードリンク

文法…どうやって?

文法や単語、漢字など最初に障害として感じてしまう人もいるかもしれません。これにはまず日本人の小学生が勉強する漢字ドリルなどがいいでしょう。

漢字ドリルは日本の漢字についてとてもわかりやすくまとめています。漢字には2つの読み方があり同じ漢字にもとても多くの意味があったりします。そんな障害になりそうな漢字を1から1つずつ丁寧に教えてくれるのが漢字ドリルです。

文法に関してはきちんとした日本語教師の資格を持っている人に教わるか、今の時代だと勉強にとてもよいWebページも発展していますので、Googleで検索してみて探すのもありかもしれません。

発音…どうする?

これも基本的にはインターネットがいいと思います。いまの時代だと、日本のテレビ放送でさえお金を払えば見ることができますし、ストリーミングサービスも溢れています。

発音をどうにかして治さなきゃというスタンスではなく楽しみながら勉強するのはいかがでしょう。テレビ番組の中だと、NHKの国際放送ニュースなどは丁寧な日本語を使うことで定評がありますので、観てみるといいかもしれません。

お金を使いたくない人がいましたらYoutubeでもたくさん日本語の動画はあげられていますので、それほど探すことにストレスを感じないのではないでしょうか。

何かをするときにストレスを感じないというのは大事なポイントですね。

会話…どうする?

会話だけが長い間ネックとされてきました。インターネットが登場した頃はまだ電話できるくらいまで強力になるとは考えられず、利用する方法がありませんでしたが、いまの時代は英語におけるスカイプ英会話でも見られるようにごく当たり前になっていますが、日本語はそこまでの勢いを持っていないのが正直な実情でしょう。

ならばどうするか、自分の国を訪れている日本人や自国の大学に留学しに来ている人と友達になるというのが一番いい方法のような気がします。

どうでしたでしょうか。今回は文法(単語や漢字含む)と発音と会話のそれぞれについて有効であろう勉強方法を書いてみました。これからインターネットに限らずもっと革新的なアイディアやプロダクトが誕生して語学の学習の形も変わっていく可能性はあります。時代に合わせて勉強方法も変化していくのは当たり前と言えますので、皆さんもいろんな情報を要チェックです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ