間違いやすいおざなりとなおざりの意味

文章を書いていると「おざなり」と「なおざり」という言葉をどっちを使えばいいのか迷うことがよくあります。調べもせずになんとなく感覚的に使っています。皆様はこの二つの意味を正確にご存知でしょうか?

今回はこの2つの正しい意味と正しい使い方をご紹介します。

スポンサードリンク

「おざなり」の意味

まずは「おざなり」の意味からご紹介します。「おざなり」は「御座成り」と書きます。当座の間に合わせの意味があります。これから、派生して、『いいかげんに物事をすませること。その場だけの間に合わせ。また、そのさま。』という意味があります。

「おざなりを言う」「おざなりな処置をする」などの使い方をします。「御座なり」は「座成り」に敬語の「御」がついています。しかしこの「御」はあえて敬語をつけることで皮肉を表した反転用語になっています。この「御」は本当の敬意を表した言葉でないです。

「なおざり」の意味

次は「なおざり」の意味についてご紹介します。「なおざり」は漢字で書くと「等閑」と書きます。この時点で、「御座成り」とは大分違います。「なおざり」は漢語の同義語の「等閑(とうかん)」をあとからあてたものですので漢字としての意味は特にありません。ことばの成り立ちには諸説があります。

なおざりの意味は2つあります。ひとつ目の意味は『いいかげんにしておくさま。本気でないさま。おろそか。』という意味があります。「なおざりな練習態度」「子供のしつけをなおざりにする」。2つ目の意味は古語で『ほどほどで、あっさりしているさま。』という意味もありますが現在では一つ目の意味がほとんど使われています。

これでばっちり!おざなりとなおざりの使い分け

では最後にこの「おざなり」と「なおざり」の正しい使い分けです。

2つの意味を見て分かった通り、「いい加減なさま」という意味ではほとんど同じ意味のように捉えてしまいそうです。この2つの違いは「やっているかどうか」の違いです。「おざなり」の方はいい加減だとしても、一応「やっている」のです。

一方、「なおざり」の場合はほったらかしにして「やっていない」のです。自分がこの2つを使う場合は、不完全でもした場合は「おざなり」を使って下さい。

「なおざり」の場合はやろうと思ったけど出来なかった場合、しょうがなくできなかった時などに使用して下さい。2つの言葉と意味が似ていますが、気をつけて使いましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ